ANAの国際線フライトのビジネスクラスの内容が知りたい!

エコノミークラスばかりに乗っている方は、特にビジネスクラスについて知りたいですよね。しかも、エコノミー席にたどり着く前に必ずビジネス席があるので余計に気になる所です。では、ANAの国際線フライトのビジネスクラスの内容をここでは見ていきましょう。

ANAの国際線フライト、ハワイ行きのビジネスクラスはどんな感じ?

日本人が昔から行く海外と言えば、今も昔もハワイは欠かせないのではないでしょうか。芸能人も、しょっちゅうハワイに行っていますし、一般の方も、言語に苦労しない海外ということでハワイはとても人気が高いです。

もちろん、ANAもハワイにはフライトを飛ばしています。そんなANAの国際線フライト、ハワイ行きのビジネスクラスはどんな感じなのでしょうか。何と言っても、ANAのハワイ線でのビジネスクラスの特徴と言えば、フルフラット、つまり、体をまっすぐにして寝ていただけるということです。

寝る前にちょっと読書してから寝たいとか、携帯を充電しながら枕元において置きたいという方にも便利なコネクションと、読書灯が用意されているのも、日本の航空会社らしい配慮ですよね。そして、寝ていたら急にトイレに行きたくなるなんてことはよくありますよね。

ANAのハワイ線であれば、どの位置に座った方であっても、通路と面しているので、他の方に配慮することなく、自由にトイレに行くことができたり、ちょっと機内をお散歩というようなこともできます。飛行機に乗る際には、何と言っても機内エンターテイメントを楽しみにされている方もいるでしょう。

ANAのハワイ線では、他の国際線よりも大きなスクリーンが用意されています。その大きさは、なんと18インチで、一昔前の一人暮らしの方のテレビくらいの大きさがあるのです。ビジネスクラスということもあって、ビジネスマンに対応するようなデザインともなっています。

テーブルも、通常の大きさよりも大きくなっているため、パソコンを置いて作業しやすくなりました。筆記作業もこのくらいのテーブルであれば、肘を思い切りついて、いつものように筆記することができるような環境にあります。

新路線!ANAのメキシコへのフライトのビジネスクラスってどんななの?

長い間、日本とメキシコをつないでいた航空会社は、今まで日本のトップの航空会社とされていたJALです。しかし、経営破綻が発表される前から、この路線はそのうち消えると、メキシコ内ではずっと噂があり、経営破綻発表前に、その路線はなくなるということがメキシコ国内では発表されていました。

その後、アエロメヒコが、日本直行便を唯一就航する航空会社(実際にはJALもAMも直行便ではないのです)として台頭したことで、値段もヒートアップしました。そこででてきたのが、ANAです。メキシコシティから成田へとフライトを飛ばすANAのメキシコ戦のビジネスクラスは、比較的色々な日系企業の方がコンスタントに利用するビジネスクラスなので、その内容をご紹介しましょう。

まず、機内食や飲み物に関してですが、和食か洋食から選ぶことができます。どのメニューも、日本でトップとして評価されているレストランがメニュー提供しているので、本格的な味を楽しむことができます。もちろん、一皿一皿サーブしてくれるので、ゴージャスな料理を味わっている気持ちに(実際ゴージャスですが)なれます。

飲み物も、エコノミーではワインの種類は選べませんが、ビジネスクラスでは、ANAワインセレクションから厳選された飲み物をグラスに注いでもらえるので、美味しいお酒と料理を心ゆくまで味わっていただけます。

ただ、機内食のタイミングが自分の胃の時間と合わないことも機内では多々ありますよね。そんな時のために、ANAのメキシコ線では、本格的な日本テーストの軽食を用意しており、これも有名店ベースのもので、お腹がいっぱいでも試したいと思うようなものです。

寝心地もフルフラットで最高、液晶も18インチとなっており、デスクも奥行きがあって、最高の空間を提供しています。

ANAマイレージの作り方TOP