ANAマイレージの入会方法(作り方)と知っておきたい情報

特に飛行機に何度も乗る機会があるならば、やはりマイレージを貯めなければお得に飛行機を乗っているとは言えないのではないでしょうか。そこで、日本ではトップシェアを誇る、ANAのマイレージの入会方法と、その際に知っておきたい情報についてここではご紹介したいと思います。

ANAマイレージカード入会方法は簡単!すぐに入会しよう!

ANAのフライトをよく利用する方、もしくは、それと提携しているエアラインに乗られる方は絶対に持っておいた方が良いもの、それがマイレージカードです。特に、ANAを利用するのであれば、ANAのマイレージカードを作りましょう。

そんなANAのマイレージカードの作り方をご紹介しましょう。最初にお伝えしておきますが、これは非常に簡単で、いくつかの方法があります。まずは、もし、インターネットなどが不得意な型であれば、ANA便に乗っている最中に、「マイレージカードを作りたいのですが」と、CAさんに伝えれば、その申し込み用紙をくれます。

通常は、その入会用紙は旅行会社などのオフィスでも手に入れることはできますが、郵送するようになっています(郵送料無料)。ですが、飛行機で頼めば、記入した用紙をCAさんに渡せばよいだけですから、ポストへそれを投函する手間なども省けます。また、今の主流であれば、何と言っても、インターネットからの申し込みが1番多いでしょう。

これは、ANAのホームページから入って「マイレージ入会」というボタンを押し、そこから、必要事項を記載し終えて送信ボタンを押せば、1週間から10日以内にはマイレージカードは指定の住所に届きます。これならば、24時間365日受け付けしているので、暇な時間を見つけて入会できるのでおすすめです。

もし、ANAでの旅行の予定があるのであれば、余裕をもってマイレージカードを申し込んでおくことをおすすめします。そうすれば、旅行後すぐにマイルが加算されるためです。

ANAマイルを貯めたいならば提携航空会社を要チェック!

ANAマイルを貯めたいならば提携航空会社を要チェックすることがマストだということはご存知でしたか。その理由は、ANA便だけ利用するとなると、日本国内だけであれば、全く問題ありません。今では、JAL便も格安航空券を出してきているので、どちらを利用してもお得ですが、ANA便に強い路線というのも国内は多く、ANAのマイレージカードを持っていると、国内移動は簡単にマイレージがつくからです。

しかし、国際線となると、確かに路線はANA便も多いのですが、路線数は限られていますし、他社便の方がかなり安くつくことも多々あります。そんな時に、「ANAのマイレージカードを持っているからANA便を利用したいけど、他の航空会社を利用したいな」と、思うのは当然です。マイルを貯めたいのであれば、ANA便と提携している、つまり、同じアライアンスに加盟している航空会社を知っておきましょう。

例えば、ANAはスカイアライアンスなので、観光でも人気のお隣の国、韓国に行くならば、アシアナ航空を利用したり、ユナイテッド航空を利用すれば、あなたが搭乗したマイルも、例え他社便フライトであっても、マイルを加算することができます。ですので、フライトを予約する際には、あらかじめ、ANAと関係のある(同アライアンス)である航空会社かどうかをチェックしておきましょう。

そうすれば、貯まるべきマイルも貯まる上に、実は、ANA便に乗れるなんてこともあるので、予約前に運航する機体などについても調べておくのもポイントですよ。

絶対に知っておこう!ANAのマイルの貯め方は色々ある

日本を代表するトップの航空会社であるANAは、皆さん、特に国内の移動であれば利用する方が多いですよね。そんなANAを頻繁に利用しているのであれば、マイルも貯めたいなと思いますよね。そこで、ここでは、ANAフライトの利用だけでマイルを貯めるのではなく、ANAのマイルの貯め方は色々あるということを知っておいていただきたいと思います。

まずは、ANAの無料で作れるマイレージカードを持っている方の場合、フライトに乗らなければマイルは加算されません。ただし、ANAフライトだけでなく、ANAが加盟しているスターアライアンスに加盟している航空会社に搭乗した際も、簡単のマイルを加算できます。予約時にあなたのマイレージナンバーを伝える、もしくは、搭乗後、搭乗した航空会社に直接連絡して事後登録してもらうという方法があります。

しかし、ANAが発行するクレジットカードを持てば、話は変わります。直接マイルが貯まるというわけではないのですが、これを使って日頃の買い物を行えば、クレジットポイントが貯まります。それを、マイルに交換することができるためです。

ですので、日々の買い物も、すべて、今後の旅行のための懸け橋となるということです。直接マイルを貯めたいのであれば、ANAと提携するホテルやレンタカー会社を予約するよう(利用しなければキャンセルになるので、ポイントは無効)にすれば、直接マイルが貯まるようになっているので、あなたの旅行スタイルを見直して、賢い旅行の仕方、マイレージの貯め方をしましょう。

知っておきたい!ANAにはボーナスマイルがあるの?!

ANAだけでなく、他の航空会社でマイレージアカウントを設けた際には、とにかく、期限内にある程度のマイルを貯めなければいけない、それをすれば、お得な思いを堪能できると、思う方は多いですよね。事実、場合によってはその通りなのですが、いつも通り飛行機に乗ったとしても、ボーナスマイルが加算されて、いつも行く距離と同じなのに、もっと多くのマイルをゲットできるなんてケースもあるのはご存知でしたか。

ただし、これがつくのは、ANAのマイレージクラブに加入していて、それなりのステータスをキープしている方のみとなります。そして、その中でも、その捨て板明日を、連続して1年、もしくは2年以上継続しているかどうかで、このボーナスマイル率は異なりますので、日頃からANA便、もしくは、コードシェア便や、ANAと同じアライアンスに加盟している航空会社を積極的に利用して、あなたのANAマイレージを増やしていきましょう。

ANA便、それにコードシェア便や、買い物もそのカードで行うことを意識して、小さなものからそれを地使って支払うことで、ある程度のステータスがアップします。ボーナスマイルを集めたいのであれば、普通のステータスではもらえないことが多いです。

ですので、日頃からANAのクレジットカードをもって買い物をしたり、旅行の際には、ANA便、もしくは、同じアライアンスに加盟している航空会社の便を利用して、ステータスをどんどんアップすることから始めましょう。

ANAの予約はこちら